Spoon Sports Rigid Collar Kit

  • Sale
  • Regular price $220.00


リジカラは、アルミ調質材の特殊形状の小さなパーツです。

製品は概ね1990年以降の量産車を対象に、全て実車を検証して設計しています。適合車種は約800車種*になり、サブフレームの構造を持つほぼ全メーカーのクルマに取り付けが可能です。

すべての量産車は製造ライン上を流れながら組み立てられています。
組み立てには高い生産性が求められ数秒の遅れも許されません。

P5 エンジンを載せたサブフレームは油圧リフトで押し上げられ振動しながら流れてくるボディに組まれます。ここでの組み立て時間は数秒しかありません。
揺れ、振動する重い主要部を瞬時に確実に組む、そのために世界中のカーメーカーはボディとサブフレームを締結するボルト穴をボルトに対して大きく開口させ、組み立てやすくすることで量産性を高めているのです。

ボディ単体での剛性は近年ますます向上していますが、ボルトとボルト穴の隙間はこれら要因により見逃されてきました。この隙間がクルマの低級振動を生み、クルマ全体での剛性を下げる主原因のひとつなのです。

Rigid Collars are designed to take up any slop between the chassis, subframe and subframe mounting bolts. In mass production vehicles, the holes in the subframe where the bolts attach the subframe to the chassis are larger than the bolts by around 2mm. The reason for this is to make the manufacturing process quicker, by allowing a bit of "give" when lining up the subframe to the chassis. Though this does not create any issues with alignment during normal use, under high load operation the subframe may shift slightly - changing alignment settings. The rigidity of the chassis itself can also be improved by tying in the subframe to the chassis with lower tolerances. The Spoon Sports Rigid Collars take up any of this slack by sandwiching between the countersunk holes in the chassis as well as the bolt hole in the subframe, and bracing itself against the original bolt which is mounted within the Rigid Collar. Subframe to chassis alignment is set with little to no tolerance for movement, and overall chassis rigidity is improved.